フィリピンなどに語学留学~リゾート地で語学をマスター~

勉強

海外で働きながら学校へ

どのくらいの費用が必要なのか

海外

ワーホリは海外で働きながら勉強していく制度になります。海外に行くので、いったいどのくらいの費用を準備しておくといいのでしょうか。まずワーホリにかかる費用として大きくわけると、ビザ申請代、航空チケット代、学費、生活費、保険代があげられます。ビザ申請にかかるお金は渡航先によっても異なります。航空チケット代は早めに手配することで安く抑えることもできます。学費も学校によってそれぞれです。長期的に通うことで学費が割引になるところもあるそうです。生活費も欠かすことのできないお金です。渡航先の物価を調べ、一か月にどのくらいあると生活できるかよくシュミレーションしておくと良いでしょう。保険は任意ですが、安全のためには加入しておくことをオススメします。

ワーホリにはどんな歴史があるのか

ワーホリは日本と相手国とで結ばれた協定によって成り立ちます。渡航先によって手続きが異なるので、きちんと確認するようにしましょう。現在日本とワーホリの協定を結んでいる国は12ヶ国になります。1番はじめは1980年、オーストラリアとだったそうです。そのためか日本からワーホリで海外に向かう人の半分が、オーストラリアを選ぶそうです。その後も徐々に協定を結ぶ国が増えますが、本格的になったのは2000年以降になります。受け入れの定員を定めている国もあり、行きたい国が決まっている方は早めの申請をオススメします。今現在協定を結ぶことを検討している国は何ヶ国かありますので、今後はもっと選択肢が広がるかもしれません。